e-kyoto「一言コラム」

ガイドブックには載っていない、スキマ情報をご紹介していきます。

一匙の粋

4月17

nodate
平安神宮のホームページによると、枝垂れ桜は満開、八重桜などは8分咲きだそうです(16日現在)。
先立つソメイヨシノは鮮やかな若葉が目立ち始め、川には花筏。散りゆく花びらが美しい頃合いです。
能を習う知人が舞囃子を披露するとのことで、小腹満たしの差し入れを持って観世会館へ向かいました。
能舞台の切戸口から、黒の紋付き袴姿の男性達に混じって紫の袴の女性が現れた瞬間の清々しさ。
女性が踏む能舞台もまたいいものだな、と感じました。
家の近くの公園にも桜が植わっているので、籠に茶碗や抹茶の缶を入れ、道中のケーキ屋でチョコレート菓子を買い、家族とベンチでささやかに一服しました。
タクシーの運転手をしている知り合いは、貸し切りのお客様のためにお茶を振舞うため、車のトランクには野点セットをいつも入れていたそうです。
夏になると、娘さんを乗せて蛍を観に行ったりしていたとか。なんて素敵なお父様でしょうか。
その方はもう故人となられて久しいのですが、今でもその話を思いだします。
ちょっとした事でいいから、日々の生活の延長線上に日本人としのて一匙の粋を持っていたい、そう思う春です。

映える装い

4月9

insho
昨春の新装開館から1年経ってもなお、白壁が眩しい堂本印象美術館。春にふさわしい華やかな展覧会が開かれています。
京の町で舞妓さんとすれ違ったときに、思わず目を奪われますね。それは彼女たちが本物の上質な着物を身にまとっているから。
それと同じように、絵の中の女性たちの着物にも吸い寄せられるのは、古くから染色産業が発展してきた「着倒れ」の町で育まれた審美眼からでしょう。
着物ならではの色合わせの妙などを楽しめるので、レンタル着物で和装デビューの一歩を踏み出した若い女性たちにも、衣笠散策の一案にいかがでしょうか。
他にも、嶋原の太夫道中を松本楼から見学した際のイラストレポートとも呼ぶべき長い巻物も、印象の人となりが垣間見えて楽しく、色彩豊かでモダンな作品の合間に展示されている素描もまた、洗練されていて優美です。
パネルで紹介されていた、智積院のユニークな襖絵『婦女喫茶図』(普段は非公開)や大阪カテドラル聖マリア大聖堂の大壁画なども、機会があれば観てみたいと思いました。
ミュージアムショップでは、堂本印象デザインの羊羹「光る窓」をお土産に買い求めました。
笹屋守栄製で、当館のリニューアルに伴い印象のステンドグラス作品の一部が、琥珀部分に嵌め込まれたような姿をしています。
7㎝と小ぶりながら1000円となかなかのお値段ですが、他には見ないような「なんとか映え」な外観に、勿体なくて未だに切れずにいます。

地上天国の桜

4月3

heian
歴史的風土保存特別地区に指定されている地域の一角にある「平安郷」と呼ばれる庭園が一般公開されています。
入場無料で、両側に続く桜並木と竹林に誘われると、たんぽぽが水玉模様のように咲く芝生が眼前に広がります。
約3万坪の敷地内の約半分が広大なお庭で、寺社の庭園とは異なり、小さな子供達が駆け回っても余りある広さ。
シートを広げてお弁当を食べていたグループも見受けられました。京の桜の名所は数あれど、酔客のいないお花見ができる空間は貴重ではないでしょうか。
西には広沢池を臨み、豊かにざわめく竹林のふもとには白や黄色の水仙が揺れ、二本の小川も夕日を受けて銀の鱗の様に輝いています。
いやはや、宗教の力とは凄いもので、絵に描いた様な地上天国が広がっていました。
当初の公開期間中は、まだ桜は一部しか咲いていなかったので、予想通り、一般公開の期間が延長されたようです。
なお、次回は新緑の頃(5/4~/5)と秋(11/22~/24)に公開される予定です。

2019年4月03日 | 観光スポット | No Comments »

フィンランド発琳派!?

3月27

rinpa
フィンランドの有名ライフスタイルブランド「マリメッコ」の日本人テキスタイルデザイナーと言えば、脇阪克二さん大田舞さんが活躍していますが、石本藤雄さんは現在フィンランドの老舗陶器メーカー「アラビア」に所属、陶芸家としても活動しています。
自然から着想を得る事が多いというそれらの作品と、細見美術館の琳派のコレクションを並べて紹介する展覧会が開かれています。
「森と湖の国のフィンランドは、人も文化も似たところがあります」。現地の人がそう話していた事がありました。
確かに、デフォルメされたパターンは、紙の上のみならず記事や生活道具にも用いられるなど琳派に通じるものがあるかもしれません。
ある草木の柄は、幼い頃に自宅のベッドカバーに使われていました。
また、陶芸作品としての「イヌノフグリ」は、通学路によく咲いていた小さな小さな花でした。
それらをひと目見ただけで、スイッチが入ったかのように思い出の光景が甦ります。
素朴なタッチに華やかな色彩は、まるでビタミンたっぷりの果物のように気分を軽やかにしてくれますね。予想通りミュージアムショップは盛況です。
テキスタイルも陶芸品も、生活空間の中に溶け込んで心を潤してくれるもの。
作品として遠巻きに鑑賞するよりも、実際に自分でテーブルや部屋をコーディネートしてデザインを楽しむのがもっとも美しくみえるだろうな、と感じました。

2019年3月27日 | 芸能・アート | No Comments »

新名所・淀のお花見さんぽ

3月20

yodo
京阪「淀」駅の4番出口を出て、ピンク色の幟を頼りに歩くこと約10分。
早咲きの河津桜が水路沿いに延々と連なる淀緑地の入り口が見えてきます。
手を伸ばせば子供でも届く程の低木で、一面の花に埋もれるようにして写真撮影を楽しむ人がたくさんいました。
付近の住民によって植えられた河津桜2本が、水路沿いの淀緑地や京阪淀駅前のロータリー、淀城跡公園などにも植えられ、現在は約300本にもなったそうです。
鮮やかな若葉がのぞき始めているものの、見応えも十分。サギが足を浸す水面も、桜色に染まっています。
ところどころにベンチやブランコ、蕾が目立ってきた枝垂れ桜等があり、雨で湿って色濃くなった土の上では、菜の花などの花壇の花々も濃いピンク色の桜と共演していました。
孫橋脇には淀観光協会による期間限定の売店が設けられていたので、“京みそ焼き鯖寿し”をお土産に買い求めました。
近くの東屋に目をやると、お弁当を膝に載せてお花見を楽しんでいるグループも。
淀緑地東詰に近づくにつれて人の数はぐっと少なくなりますが、地元の人と行き交いながら静かなお花見散歩を楽しめます。
淀緑地周辺の散策手帳」によると、桜橋を中心にシダレザクラが満開になる4月が人も少なく穴場なのだそうです。
現在の桜の様子などリアルタイムな情報は、「淀さくらを育てる会」Facebookをご覧ください。

日本の粋は細部に宿る

3月13

geihin
子供の頃、テレビで東京の迎賓館赤坂離宮の映像を観て、「どうして日本の迎賓館なのに、外国の建物みたいなんだろう」とほのかに疑問に思っていました。
2005年に完成し、2016年より通年公開となった京都迎賓館は、京の匠の技と現代の先端技術の調和によって、日本人の美意識を形に表す存在となっています。
他国の宮殿に比べると、一見シンプルな平屋作りに感じますが、扉から天井まで綺麗に揃えられた木目や12メートルの漆塗りの一枚板の座卓、末永く使えるよう意匠がリバーシブルになっている竹垣など、細部や見えないところに贅が尽くされ「庭屋一如」となっているところがなんとも日本的です。
庭園の傍らには、新婚旅行で来日したブータン国王夫妻が初めて乗られたという和舟が浮かび、橋を境に深さが異なる池には、地震の被害を受けた新潟中越から買い受けたという錦鯉が彩りを添えています。
和食会棟の屋根は純和風の瓦に見えますが、実はニッケルとステンレスの複合材が使われ、周りの景色に溶け込んでいました。
詳細は、迎賓館地下で販売されている公式グッズの中の書籍にもあり、他にも五七桐紋をあしらった懐紙やあぶら取り紙などもありました。
特に今は、天皇陛下在位30年を慶祝して、特別展が行われており、天皇皇后両陛下、皇太子迎賓館赤坂離宮同妃両殿下のご成婚やご即位の際の衣装の反物やパネルが展示してあり、京都のあちこちで時代物のお雛様が飾られている中で、こちらに展示してある写真はまるでリアルお雛様のようです。
天皇にのみ着用が許されているという「黄櫨染」の色の袍の反物も展示されており、つい先日12日に行われた「期日奉告の儀」でも着用されていました。
各所で写真撮影をする時間も十分にあり、「御即位30年記念京都御所特別公開」 も始まっているので、ぜひ、ガイドツアー方式(3月19日まで)もしくは公式アプリ利用での見学をおすすめします。

ミステリアス西陣

3月6

hina
糸問屋や織物商が立ち並び、一日に千両が動くほどの売買で活気づいていたと言われる「千両ヶ辻」こと今出川大宮界隈で、ひな祭りが行われていました。

京都を撮り続ける写真家として知らない人はいない、水野克比古さんの「町家写真館」もあり、時代ごとのひな人形や写真集だけでなく、古き良き町家の典型の様な佇まいが人気でした。
南北約500m程の距離を歩いただけなのに、京町家を改装したカフェや織物商の事務所、ゲストハウスの予定地、アンティークショップ、旅館にシェアハウスなどが点在し、合間の細い小道では、子供達がブレイブボードの練習をするなど、様々な現代の西陣の形が見えてきました。
その地に住まう人々しか踏み入る事のできない、奥行きの細い路地が、幾つもの家と家の隙間から垣間見えます。
西陣の人にとっては、「生活空間やし、見せるようなもんやない」と思っているかもしれません。ですが、「よそ者」にとっては、もっと奥へ進み素顔の京都をみてみたいという関心を掻き立てるミステリアスな境界が残された町でした。
この西陣界隈では、25日まで様々な催しが展開されています。

平安遷都以前の京都

2月27

asuka
「平安遷都以前にも京都に寺院はあったんだろうか?」
そんな素朴な疑問で京都市考古資料館に行ってみる事にしました。
仏教は古墳時代後期に朝鮮半島から伝わったとされ、大化の改新後に国家仏教が本格的に展開され、各地に伽藍を備えた寺院が建立されます。
都から遠く、「山背」国と呼ばれていた飛鳥時代の京都においては、『日本書記』で厩戸皇子から下賜された仏像を祀るため秦河勝が蜂岡寺を建てたと603年の11月条に記されており、実際の発掘調査によって北野廃寺の存在が確かめられています。
昭和11(1936)年に市電の工事中に、北野白梅町交差点周辺で瓦が大量に発掘されたのが、発見されたきっかけだったそうです
623年には新羅の使者が献上した仏像が葛野秦寺に納められています。
北山背には飛鳥時代に建立された寺院として北野廃寺(7世紀初頭)と広隆寺旧境内(7世紀前半)がありました。
愛宕群には北白川廃寺・珍皇寺旧境内・法観寺旧境内、紀伊群に板橋廃寺・御香宮廃寺、宇治群に大宅廃寺・醍醐廃寺・法林寺跡、乙訓郡に樫原廃寺など多くの寺院が建てられたそうです。
長岡京遷都の目前には乙訓群に南春日廃寺が現れ、地方豪族によっても寺院が建てられていたのが分かります。
外来の仏を祀るため、寺院の造営には様々な技術が導入され、それによって日本で初めて作られた物の一つが「瓦」です。
寺院に供給する瓦の製造所が、京都盆地の輪郭をなぞるように続々とできていきました。
地図上の分布の多さを見ると、渡来系の人々も入り混じってさぞ賑やかだったのではないでしょうか。
各寺の発掘箇所やその現場の様子を写した画像、各地の瓦など、殆どの展示品は撮影できます。
また、期間中の日曜には「展示解説」が14時から行われます。

2019年2月27日 | お寺, 歴史 | No Comments »

京都盆地の成り立ち

2月20

tenryu
嵯峨の「さ」、嵐山の「らん」にちなみ、嵯峨嵐山から日本文化を再発見するNPO法人「さらんネット」主催の文化講演会に参加してきました。
NHK『ブラタモリ』の案内役として人気の「京都高低差崖会」崖長・梅林秀行さんが、地形を手掛かりに京都盆地の成り立ちを語ります。
およそ300万年前の海の底。南海トラフを境に、西北西に移動し始めた東のフィリピン海プレートが西のユーラシアプレートに潜り込み、まるで皺が寄るように盆地と山地が等間隔に繰り返される起伏ができました。
その傾向は特に近畿地方に顕著で、現在の八坂神社の前を走る桃山断層、天龍寺の曹源池庭園の下の樫原断層、そして2000年に発見されたという宇治川断層に囲まれた地域が京都盆地です。
やがて扇状地に人々が住み始め「野」と呼ばれるようになり、都の周りに「大原野」や「嵯峨野」といった地域ができました。
自然の現象に意味を見出そうとする人間は、自然と自分たちの住まう地との境界を認知し始め、「野」の外側には霊界があると考える文化が形成されていきます。
「蓮台野」には大徳寺が置かれ、「鳥辺野」は葬送の地となり、霊山・比叡山には延暦寺など、境界には様々な寺社や古墳が築かれ、それらはやがて観光名所となりました。
渡月橋を写した絵や写真はどれも下流側から山を臨むように切り取られているのが殆ど。「都林泉名勝図会」などに描かれた京の都の風景にいつも雲がたなびいているように、そこには断層の斜面があり、私達はこの世とあの世の境目に惹かれて名所を訪れ、そこから世界を見ているのです。
京の都の成り立ちについて、四神や風水とも異なる、地形からの切り口は新鮮で、ぼんやりとかすかに感じていた事に初めてくっきりとした輪郭が与えらえたような気分を味わいました。

職人の未来を繋ぐ

2月14

asa
他の漆器の産地に比べて高価なものが多く、いわゆる「高級品」として知られている京漆器
美しい蒔絵や光沢に目を奪われますが、その下にある木地の土台を担うロクロ木地師は、京都に独りしかいません。
北山の檜や京都府産の漆を使い、製作工程も全て京都で行うなど、常(日常使い)の京漆器作りを通して将来の職人達の仕事も生み出していこうという「アサギ椀プロジェクト」が始動しました。
発案者の故・石川光治氏の意思を受け継ぎ、京都でただ一人のロクロ木地師の西村直木さん、塗師の西村圭功さんと石川良さん、漆精製業の堤卓也さんらが進めており、その取り組みを紹介する展覧会が19日まで「The Terminal KYOTO」にて開かれています。
既に滋賀県の日野椀が、妙心寺のこども園に器を納めているように、京都の保育園でアサギ椀を子供達に使ってもらおうという計画も進められています。
アサギ椀の子供椀は、あえて幼い子が扱いやすくするような細工はせず、大人の椀がそのまま小さくなっただけの姿かたちをしています。
落としても投げつけても割れにくいプラスチック容器と違って、落とさないようにこぼさないように両手で包み込み、漆が剥げないように箸やフォークをやさしく当てるなど、物を大切に扱う姿勢が自然と身に付くよう、しつけの意味も込められているのだそうです。
幼い我が子にも、食洗機で洗えるプラスチック容器で食事をさせる事が多いのですが、それでもいつも同じ食器では味気ないと思い、手洗いが必要な木地の椀や割れないよう注意が必要な陶器の小皿なども、料理に合わせて出しています。
同じ素材、同じ色で統一された西欧の食器とは違い、様々な素材の器で食事を取るのも、日本文化の豊かさの現れだからです。
サンプルのアサギ椀を掌で撫でながら「やはり雑貨店で買うものとは値段が違う…でも痛んでも塗り直して末永く使えるし、入金は椀を受け取る2か月先でいいみたいだし、子供の小さな指先でも感じ取るものがきっとあるだろう…」と悶々と思案した末に予約を入れる事にしました。
小ぶりで軽い漆のお椀は、外でお茶を点てる時にも便利かもしれません。手元にやってくる桜の季節が楽しみです。

« Older Entries